あい 四柱推命


    





 四柱推命で日記を付けよう その2

アレッ今日いつもと様子が違うぞ(機嫌が悪いな.etc)!
そう感じた時に60干支を付けて日記を書いておいて下さい。
それであなたも四柱推命を実感できるはずです。

 家族(身近な人)を観察して下さい

自分だけでなく家族と暮らしている方は、家族の様子も観察してみて
ください。
 
今日は母の機嫌が悪いぞとか、失敗の多い日だとか
ちょっと気がついたことを60干支でノートや日記に
付けておくクセを付けて下さい。
それがあなたと家族の運勢ノートになります。
  
いつかそれを見直した時、同じ干なら干、支なら支、または同じ干支
に同じ様な傾向が見えてきます。ここで言う干は、きのえ・きのと
(甲・乙)などの10干のこと、支は、ね・うし・とらの12支のこと、
干支とはそれを組み合わせた、きのえさる(甲申)などの60干支の事です。
  
年・月をみるには慣れやコツも必要なので
最初は1番分かり易い、日に着目して見てみましょう。
  
日は干が10日に1度、支は12日に1度、干支は60日に1度
巡ってきます。
 
ただし、年・月・日と同じ干や同じ支、同じ干支が揃った時、
例えば甲午年甲午月甲午の日などです。
 
このような日はその干支が自分や相手にとって好ましくない場合、
その凶意が強く表れので必ず年・月の干支も一緒に日記につけて
併せて見る クセをつけておいて下さい。
  
それでは例をあげるので日に着目して見ていきましょう。
例えば2016年の6月30日の日の干支は癸未(みずのと ひつじ)になります。
そこでまずみずのとの干・ひつじの支と分けてみていくのです。
  
四柱推命では干を天干(てんかん)、支を地支(ちし)と呼びます。
 
特に問題が起こってなければ問題なしとし、何か変わったことが
起こっていればそれを詳しく見ていきます。
 
たとえば地支がひつじの日はいつも母の機嫌がいいぞとか、
私はいつもトラブルが起こる日だなとか、
天干がかのえの日は私はいつも誰かとケンカしちゃうとか。
  
次に干支で見ますひつじはひつじでも乙の未日が1番
機嫌が良さそうだぞなどと見ていきます。

<<四柱推命日記1   四柱推命日記3>>
 結婚運  相性が”カギ”  起業 転職の時期  ひきこもり
あい 四柱推命から 仙台 占い 電話占い メール占い 占い教室
四柱推命で日記1 四柱推命日記2 四柱推命日記3 四柱推命日記4 四柱推命日記5 60干支
メディア・企業占い 個人情報 特定商取引 サイトマップ
COPYRIGHT  2017  あい 四柱推命 ALL RIGHTS RESERVED